75歳以上の医療費、2割負担が成立

年金含む年収200万円以上対象

 

2021年 6月 4日

Share:


医療制度改革関連法が2021年6月4日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立しました。


【対象】

単身世帯:年金を含む年収200万円以上

夫婦世帯:年金を含む年収合計320万円以上


【引き上げ時期】

2022年度後半予定

施行後3年間、窓口負担の増加額を最大で月3000円までに抑える経過措置を設ける。



日本の公的医療保険制度では、診察代や薬代の原則3割を患者が負担します。75歳以上が加入する「後期高齢者医療制度」では、年金など収入が限られる高齢者の生活に配慮して原則1割と低く設定されていました。また、現役並みの所得(単身で年収383万円以上)がある場合は3割負担となっています。




国に財源がなく、人口の多い団塊世代が増え医療費が急増することから決まりました。


本記事を書いている私、宇宙ロースタリーの石井は現在33歳ですが、約40年後にどのようになっているか分かりません。


コロナ禍で国の財政も悪化しており、今後ますます税金や医療費負担が高まることも予想されています。


将来多額の出費や病気によって苦しい想いを自身や家族がしなくても良いように、「食べ物を薬とし、薬を食べ物にする。」という考えを健康志向品と共に普及しようと本ニュースを目にし改めて決意しました。







FOUNDER'S MESSAGE

宇宙ロースタリー創業者メッセージ



1日約25億杯。これは全世界で飲まれているコーヒーの消費量です。人類の歴史が始まる以前の先史時代からコーヒーは人類の祖先と共にあり、イギリスやフランス、アメリカなどの国家の発展や歴史を変えた重大事件にも密接に関わり、世界的飲料となりました。


近年、スマートフォンをはじめ、AI、IoTと便利なデジタル文明が猛スピードで発展しています。テクノロジーの発展で生活は便利になっているはずなのに、いつでもどこにいても繋がれる反面、私たちの日々の暮らしはますます忙しくなり、不安や不信、「ストレス」が社会全体に満ち溢れた状態にあります。ストレスが過剰になれば、以前ならばヒトは、より強い刺激を持ったものや神経をマヒさせてくれるもの、香りでリラックスをとアルコール類、タバコ、コーヒーを求めてきました。


しかし最近では、こうした様相にも変化が見られ、もっと自然で、安全で、しかも健康に役立ってくれるものを求めるようになってきました。


言い換えれば、「原点回帰」「人間性の回復」という願望が生まれ、以前であれば「刺激」を求めていたのに対し、「より心も体も健康」を求めるようになりました。


コーヒーの原産は、エチオピアと言われています。エチオピアでは胃の薬、アラビア半島に渡ってからはイスラム僧侶の眠気覚ましの秘薬、ヨーロッパに入ってからはアルコールの症状を緩和する薬、日本の長崎に入ってからは胃薬、シルクロードでは咳の薬、江戸時代の日本ではビタミン欠乏症の薬と、世界中様々な地域で薬としてコーヒーは処方されていたと様々な文献に記述されております。



しかし現在、“コーヒー”を“薬”として愛飲していません。


コーヒーは元々生豆を黒色に焦がすことなく、


「 薬 」として処方されていました。



私たちはコーヒーを「口」から「老」いる「嗜好品」としてではなく、


「士」の「志」、「健康志向品」として飲むために、


今までの常識を疑い、全ての工程を再考し、研究開発してきました。


そして、開発に7年という年月をかけて辿り着いた

「コーヒー豆由来の健康飲料」が、「オーカー」です。



その後に開発した豆の繊維を傷つけることなく「生きている」


豊富なエネルギーを保持した「生」コーヒーも含め伝えたいことがたくさんあります。


しかし、日本では”治る”という表現は医療でしか使用してはいけない。


日本では、食品を語る際に”治します”と表現してはいけない。


”治す”は医療の専売特許である。



そもそも”治す”とは一体何を意味するのだろう?


”頭痛”がある時、”頭痛薬”を摂取すれば


その時の頭痛の症状は”消える”



それが、現代医療の薬である。



それが、”治る”ということだろうか?


私たちは根本原因を追求しています。



人に良いと書いて、「食」



私たちが扱う全ての製品は、脳科学による口が美味しい口福ではなく


真に身体が喜ぶ幸福を追求しています。



そのどちらが”治る”であり、”治す”なのか


判断は、個々人にお任せします。



あなたはどちらを選びますか?



日々の決断があなた自身、そして未来の地球を決める。


しかし現在、

“コーヒー”を“薬”として愛飲していません。


コーヒーは元々生豆を黒色に焦がすことなく


「 薬 」として処方されていました。



私たちはコーヒーを「口」から「老」いる

「嗜好品」としてではなく


「士」の「志」

「健康志向品」として飲むために


今までの常識を疑い、全ての工程を再考し

研究開発してきました。


開発に7年という年月をかけて辿り着いた

「コーヒー豆由来の健康飲料」が

「オーカー」です。



その後に開発した豆の繊維を傷つけることなく

「生きている」


豊富なエネルギーを保持した「生」コーヒーも含め伝えたいことがたくさんあります。


しかし、日本では”治る”という表現は

医療でしか使用してはいけない。


日本では、食品を語る際に

”治します”と表現してはいけない。


”治す”は医療の専売特許である。



そもそも”治す”とは

一体何を意味するのだろう?


”頭痛”がある時、”頭痛薬”を摂取すれば


その時の頭痛の症状は”消える”



それが、現代医療の薬である。



それが、”治る”ということだろうか?


私たちは根本原因を追求しています。



人に良いと書いて、「食」



私たちが扱う全ての製品は、

脳科学による口が美味しい口福ではなく


真に身体が喜ぶ幸福を追求しています。



そのどちらが”治る”であり、”治す”なのか


判断は、個々人にお任せします。



あなたはどちらを選びますか?



日々の決断があなた自身、

そして未来の地球を決める。





健康成分摂取の為に開発された「オーカー」とは?


「生」コーヒーとは?


UCHU ROASTERY COFFEE
 

この記事をお読みの方へおすすめの製品

AK69

オーカー

1,150円~

AK69

オーカー ルミナス

1,150円~

AK69

オーカー 

DRIPBAG10個入

1,360円

AK69

コーヒー 

1,150円~

おすすめの記事